敬老園なら優雅な老後を過ごせる|頑張ってきたからこそ

お金の問題から考える

お年寄り

広島市の介護施設への入居で避けて通れない料金の問題ですが、入居を検討するときには入居一時金と月額料金について考えましょう。また入居したら月額料金以外にも、おむつ代やレクリエーション費などの雑費がかかることも忘れてはいけない問題です。

Read More..

関連リンク

  • あなぶきの介護

    老人ホームは兵庫で探すといいです。こちらで利用者から評判の良い所をピックアップしているので選ぶときの参考にしちゃおう!

高齢になったら

老人と介護士

高齢になって介護が必要な状態になったら老人ホームに入居するという方法があります。老人ホームには公的な介護施設と、民間が運営する介護施設が岡山市にはあります。公的な施設は数が少なく、民間の有料老人ホームに入居する人も多くいます。

Read More..

食事を工夫する意味

食事

ソフト食は嚥下機能が低下した高齢者でも楽しく食事ができるように工夫された介護食です。最近では市販品や宅配なども増えていますが、宅配業者に依頼することで一人暮らしの高齢者でも食事に困ることがないですし安否確認にもなります。

Read More..

宗教法人が運営するホーム

車椅子

30年近い実績があり安心

敬老園は介護付き有料老人ホームです。全国には色々な老人ホームがありますが、ここは宗教法人が母体となって運営しており、全国に9つのホームがあります。開設が昭和62年9月なので30年近い運営実績があり、信頼できる老人ホームとして知られています。敬老園には4つの安心があります。行き届いた健康管理、いつでも安心の介護システム、ゆったりと触れ合うことのできる有意義な生活、バランスの取れたヘルシーな料理の4つです。このどれもが高齢者が入居する老人ホームにとっては必要不可欠な要素です。敬老園では体験入居ができるようになっています。ホームページから申し込むことができますし、不明な点は電子メールや電話でも問い合わせることができます。

契約前に体験入居が可能

敬老園が全国に9つもあるのは、それだけ入居希望者がたくさんいるということです。それは老後の余生を健やかに、ゆったりと、充実した毎日が送れるからです。高齢者にとっては老人ホームは初めての体験です。誰でも不安に思うのは当然のことです。敬老園では体験入居やショートステイができるので、実際に自分で普段の暮らしぶりや食事などを経験できます。利用期間も最大で1ヶ月と長くなっているので、敬老園の本当の良さを知ることができます。また気に入った場合は、ショートステイからそのまま入居契約へ切り替えることができるのです。老人ホームへ入居する時に心配なのが、それまで住んでいた住居や所有している不動産の処分です。それらの問題についても敬老園では相談に乗ってくれます。