食事を工夫する意味|敬老園なら優雅な老後を過ごせる|頑張ってきたからこそ

敬老園なら優雅な老後を過ごせる|頑張ってきたからこそ

食事を工夫する意味

食事

食事を楽しむ方法

ソフト食とは嚥下機能が低下した高齢者でも食事が楽しめるよう工夫された介護食の一種です。これまではミキサー食や刻み食などが一般的でしたが、これらは食べやすいという反面、何の料理かわからないなど見た目の悪さで食べる楽しみを感じることができない高齢者も多くいたのが実情です。その点、ソフト食はできるだけ普通の料理に近い形で尚且つ柔らかいという特徴があります。特に飲み込む力が弱くなってきた高齢者の場合、刻み食では飲み込みずらい上に口の中に食べ物が残りやすく、しっかりと口腔ケアをしないと誤嚥性肺炎などを併発しやすくなってしまいます。その点、ソフト食は飲み込みやすく食べ物も口の中に残りずらいというメリットもあります。

宅配のメリット

ソフト食に関しては医療や介護施設などでも取り入れるところが増えていますが、最近では市販品や宅配品などもありますし、インターネットの料理サイトなどでもレシピが紹介されていたりもします。基本的には通常の料理をミキサーにかけてゲル剤で固めれば出来上がるので自宅でも作ることは可能ですが、毎食ソフト食を作るのは負担が大きいと感じる人もいるでしょう。宅配業者の場合は決まった曜日や時間なども自由に決められますし、季節の行事食などを販売していたりもします。また買い物が大変な一人暮らしの高齢者の場合でも食事に困ることなく生活できますし、毎日宅配を依頼している場合は業者が安否確認の役割も果たしてくれるというメリットもあるのです。